壁リフォーム

MENU

壁のリフォームは一括見積もりを利用すると便利!

壁リフォーム業者

 

壁のリフォームつまりクロスの張替えで、ぼったくられたり、手抜きされたことのある方には、ある共通点があります。

 

 

1.知り合いの工務店1社に依頼した

 

2.知人に紹介してもらったリフォーム会社に1社に申込んだ

 

3.大手を調べて、その1社に依頼した

 

4.最も近所のリフォーム業者にお願いした

 

5.家を建ててもらったor家を買った不動産会社にお願いした

 

 

こういったケースです。

 

つまり、1社だけにしかアプローチしていないということです。

 

1社だけにアプローチすると、足元をみられて、トラブルに遭う可能性が格段に上がる現実があります。

 

しかし、「どうすれば、気持ちよく適正料金で質の高い満足の行く壁のリフォーム会社に施工してもられるか?

 

ですが、やはり、大切なことは面倒でも「複数の壁のリフォーム会社に相談すること」になります。

 

とはいえ、全然難しくありません。

 

ネットで、リフォーム会社の一括見積もりサービスを利用することで解決します。

 

特にリノコというサービスは、口コミ評価の高い人気業者だけが加盟されていて安心できます。

 

リノコの特徴としては、

 

1.匿名で利用できる

 

2.業者との面倒なやり取りはリノコがしてくれる

 

3.しつこい勧誘なし

 

4.必ずしも契約する必要は全くなし

 

5.他社で見積もりしていても問題なし

 

6.電話オペレーターの対応が丁寧

 

といったことが挙げられ、とにかく評判がいいです。

 

壁のリフォームは、決して高いものではないですが、少額であっても損をしないように、リノコを利用することをおすすめします。

 

リノコ一括見積もり

リフォームでよくあるトラブルを知っておこう

壁リフォーム相場

 

リフォームでよくあるトラブルとしては、見積り料金と実際の料金が違ってしまうことがあります。基本的に、リフォームというのは金額面で制限がある修繕工事であることが大半です。これは、建築関連の法律によって500万円以上のリフォームを行うときには建築と変わらない対応でサービスを提供しなくてはいけないようになっているからです。そのため、リフォームと建築の境目は実は料金に存在するのです。見積り料金が安いと考えていたとしても、実際の料金が高い場合には建築業の資格を有した業者に任せる必要があるため、実態としては修繕行為という分類には入りません。

 

このあたりの思惑もあって、金銭面で依頼主と業者がトラブルになることはあります。こうならないようにするためには、事前に契約書や見積書を見せてもらってきちんとそれらのコピーなどをとっておくことです。言い換えると、これらのものを要求しても見せてくれない業者には依頼しない方が賢明です。一方で、リフォームを行う際には建築に関する保険のようなものが存在しないためその点に関してもトラブルになってしまいがちです。

 

そもそも、建築というのは大きな金額が必要になりますが、その金額の中では建築に関連する補償の金額もきちんと含まれています。欠陥工事などが発覚したときには責任をとらせることができるのもこのためです。一方で、リフォームにはそれがないため欠陥工事になってしまって住宅がおかしな状況になっても実は誰も責任をとってくれないという側面があります。このようなトラブルを回避するためには、リフォームであってもきちんと保証や保険に関する契約を締結しておいて、事後のトラブルを発生させないように気を付けなくてはいけません。契約書にそうした文面が存在すれば、相手が否定したとしても関係がありませんので安心です。リフォームのトラブルはお互いの確認がきちんととれていないときに生じやすいのでこの点を理解しておきましょう。

リフォームのノウハウを知っておこう

壁リフォーム業者

 

新築だった住宅も時間が経過するとだんだん劣化してきます。まずは雨風、高温、低温などにさらされる外壁や屋根が色あせたりひび割れがしたりし、土台に白アリが出てきたり、内装もだんだん傷んでくるものです。このような外層や内装、設備などの劣化は放置しておくとだんだんひどくなる一方で雨漏りがして来るなどの現象が出てきて、ますます大規模な修繕と高額な費用が必要になってしまいます。そのため傷みや劣化がひどくならないうちにリフォームすると大規模修繕のリスクを減らすことができるのです。

 

さて、リフォームをする時はたくさんある業者の中でどのようなところに依頼をすればよいのでしょうか。誰もが気になるのは費用ですが、費用が安いというだけでも材料の品質や丁寧さなどが不安になるものです。値段の安さで施工をしてもらってまた数年後に傷んできたらやり直しをしなければいけません。そこで値段も手ごろで、きちんと仕事をしてもらえるところを探すためには複数の業者に見積もりを依頼することです。どの業者にも同じ内容の見積もりを依頼し、まずは見積額を提示してもらいます。その際各業者のスタッフの対応や仕事に対する熱心さ、丁寧さなどを確認することができます。費用やスタッフの様子で1件か2件の業者に絞ってさらに詳しく質問をしたり、工事の行程や使う材料の説明などを受けるようにします。また工事の実績や依頼者の希望をどのくらい聞いてもらえるのか、自社で施工するのか下請けがするのか、建設業界の協会などに加盟をしているのか、アフターサービスはどうかなど気になる点があれば聞いてみて適切に答えてもらうことができたり、担当者がわからなければ持ち帰って聞いてきてもらいその後回答してもらうなど誠実に対応してもらえるところを選びます。

 

複数の業者自体どこにあるのかわからないという場合は、一括で業者を選ぶというインターネットのサイトがあるので、それを利用すると依頼者の地域に近く適切な業者を複数紹介してもらえます。名前を知られてなくても良い業者が見つかる可能性も高いです。

リフォーム工事の流れを把握

壁リフォームおすすめ

 

リフォーム工事の流れを知っておくことでスムーズに契約ができたり、安心して業者に任せられたりするので、全ての流れを把握しておいた方が良いでしょう。まず一番大事なのが業者を選択することから始まりまして、多くの場合は知り合いに頼んだり、近くの工務店に依頼したりと気軽に始められる方がいますが、しっかりとしたリフォームを望むならインターネットなどで評判や口コミを調べてから依頼すると良いでしょう。そして、業者が決まりましたら実際に家に来たり、連絡を取り合ったりしまして、どんなリフォームをしたいのかのヒアリングを行ないます。そのヒアリングを基に実測・現状把握などの現地調査を行なってから改修図面を作成して、総合的に考えて見積もり書を作成します。

 

この段階では無料で行なわれることが多く、納得できない図面や見積書であれば断ることもできますし、お互いに意見を言って変更することもできるでしょう。誠実な業者であれば見積もりや図面の内容をしっかりと説明してくれますし、使用する機器などのプレゼンもしてくれます。説明や見積書に納得すれば契約となりまして、着工日や完了日の打ち合わせを行ない、近隣の住宅にも挨拶をします。現在の建物を養生して施工・管理が始まり、予定していた完了日に工事を終えまして発注者に確認をしてもらうことになります。

 

リフォームされた家を見て納得すれば工事完了となり、業者は工事写真や保証書などを渡した上で費用の請求となるでしょう。もちろん、その後に不具合が生じたり、困ったことがあった時に対応するためアフターサービスをしている業者が多いので何かあれば連絡すれば良いですし、定期的なメンテナンスも請け負っていますから相談しておくと良いかもしれません。リフォーム工事の流れは、それほど難しいものではありませんが間違った工事をしないように確認を求められることが多いので流れを把握した上で対応して、しっかりとした工事をしてもらいましょう。

リフォームと建て替えはどっちが良いのか

壁リフォーム人気

 

リフォームと建て替えはイメージ的には似ていますが、それぞれは全く違います。メリットやデメリットも異なるので、古くなった住宅を新しくしたいときに迷ったら目的に合わせて選びましょう。リフォームを選ぶメリットは、金銭的な負担が少なくなることです。建て替えをする場合は、現在建っている住宅を取り壊さなければいけません。そのため解体費や産業廃棄物の処理費が発生し、リフォームより多くのお金が必要になります。また建築費だけではなく、仮住まいの家賃や引っ越し費用も必要です。その他に費用面では、税金が増えたり減税措置を受けられないのも建て替えのデメリットです。

 

それに対してリフォームなら、取り壊す必要がないので解体費や処理費は少なくなります。一般的には暮らし続けながら工事を行うことができるので、仮住まいや引っ越しに関わる費用も発生しません。各種税金の減税措置も受けられるので、全体的な費用は建て替えよりもかなり抑えられるでしょう。しかしリフォームは既存の梁や柱はそのまま活かすのが基本なので、間取りの大規模な変更はできません。理想の間取りがあっても構造上の問題でできない可能性は建て替えより高く、思い通りにならない自由度の低さはデメリットです。また費用の面では建て替えより優れたメリットがあっても、住宅が老朽化していたら予想以上に高額になる可能性もあります。

 

このようにリフォームと建て替えには、相反するメリットとデメリットがあります。住宅のリフォームや建て替えをするときには、予算や目的に合わせて行わなければいけません。まずはしっかりとした資金計画を立て、専門業者に住宅の調査をしてもらってから最善の方法を決めましょう。実績があり信頼性の高い専門業者に依頼すれば、現在の住宅にとって最適な提案をしてくれます。リフォームや建て替えは専門業者の実力も大きなポイントなので、どちらが良いか悩んでいるならまずは相談しましょう。

 

リノコ一括見積もり